読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの音楽入門2

2017年5月7日に開催予定の「みんなの音楽入門2」コンサートの公式blogです。

フライヤーまもなくお手元に

f:id:harmoniamusica:20170330145747j:plain

 

コンサートのフライヤーができました。

来週はじめ頃より、コンサート会場のりゅーとぴあ、公民館などの公共施設に置かせて頂く予定です。どこかで見かけたら、手にとってご覧頂ければ幸いです。

出演者の皆さんを通してもお届けできるようにいたします。

「みんなの音楽入門2」〜こころおどる!Viva Vivaldi!〜は、
客席定員100名のコンサートです。

定員に達しますと、たいへん申し訳ない事ながら入場をお断りしないといけません。消防法により、立ち見は禁止なのです。(前回の公演時同様に、人数限定で事前にご来場予約を承ることも検討しております。決まりましたらコンサートホームページでお知らせ致します)

そんなこともありまして、印刷物は、どんどん大量に撒く感覚の「チラシ」ではなく、基本手渡しの「フライヤー」として作りました。


私たちの「みんなの音楽入門」コンサートは、クラシック音楽大好き、という方だけではなく、日頃あまりクラシック音楽のコンサートに足をはこぶ機会が無い方、子どもさん、ご年配の方々、そんなお客様にこそ気軽にお楽しみ頂きたい、「入門」をテーマとしたコンサートです。

一緒に「音楽入門」を楽しく体験してくださる、素敵なお客様の手に、このフライヤーが届きますように!。


http://minna.unison.jp/chirashi.html

 

フェニーチェとサリチェ、2つを結ぶ。

f:id:harmoniamusica:20170326133612j:plain

3月26日(日曜日)。
晴れ、だいぶ春らしくなって来ました。

今日は、長岡のアンサンブル・フェニーチェの練習。
上の写真、いつもの練習風景とちょっと様子が違います。

新潟、長岡と60kmほど離れた都市で練習している2つのグループ、アンサンブル・サリチェ(新潟)とアンサンブル・フェニーチェ(長岡)。

中には長岡から新潟の練習に参加してくださっている方もいらっしゃいますが、全員がそのようにできる訳ではありません。そこで、両チームの、曲や演奏に対する認識を揃え、いずれ合流する時にスムーズにひとつの音楽が作れるように、指揮者がいてコーラスの入った新潟の練習風景のビデオを長岡の練習の前に上映して、勉強会をしました。

 

f:id:harmoniamusica:20170326135557j:plain

スクリーンに映し出される、前回5日の新潟の練習風景。

新潟の皆さんの熱の入った練習の様子、西村先生の指揮や言葉に、長岡の皆さんはたいへん熱心に見入っておられました。
指揮者やコーラス、管楽器の入った状態の練習風景をはじめて見た方もいらっしゃいましたが、この風景は人ごとではなく、自ら演奏者として加わる場所なのだということを、しっかりと心に刻んで頂けたかと思います。

「テンポが速く感じますね」「これは、もっと練習しなきゃ」

そのような感想をお聞きしました。

その後、いつもの練習に入りました。

今日も2時間、新潟の練習風景から学んだ事を確認しつつ練習しました。

 

 

 

バイオリンパート練習、新潟

f:id:harmoniamusica:20170320144247j:plain3月20日。春分の日
午後、アンサンブル・サリチェのバイオリンのパート練習を行いました。

合わせにくいリズム、合いにくい音程をみつけて、ひとつずつ整えて行く練習。
口々に「ああ、難しい」と言いながらも、「一人一人の必死さ」から、少しずつ「皆で合わせてきれいに」という方向へ進歩してきています。

 
一人で弾いている時には、ついつい見逃したり諦めてしまうような、ちょっとしたリズムや音程の狂い、癖、音の質の乱れが、合奏の音の流れの中では、ザラザラした異物のように目立ちます。
一人一人の心の中には、「苦手だから」という気持ち、思い込みや、こだわり、気後れ、そんなちょっとした引っ掛かりもいろいろあるものです。

 
アンサンブルの良い所は、「合わせる」練習をすることによって、そんな小さな問題に気付いて、ひとりでやるより楽しく直して行ける可能性があるところです。
まさに「みんなの音楽入門」です。

全体がきれいに整って来る頃には、きっと、ひとりひとりが持っている問題点も劇的に改善していることでしょう。


そんなアンサンブルの一石二鳥の効果も楽しみに、練習に励みましょう!。

 

 

 

 

 

 

春・出会い。女声あんさんぶるSoraの皆さん

f:id:harmoniamusica:20170305151226j:plain

3月5日(日曜日)。

寒さの中にも、青空と陽光に少し春の暖かさが感じられる日。


アンサンブル・サリチェの練習に、「女声あんさんぶるSora」の皆さんが参加されました。(「女声あんさんぶるSora」の皆さんにつきましては、「 みんなの音楽入門2」のホームページでもご紹介しています。)

 

この日、Soraの皆さんは、器楽メンバーの到着に先立って練習を開始され、発声練習、合唱部分の音程やバランスなど、入念なチェックをされていました。
練習している時はしっかりと厳しく、でも、それ以外の時は、傍目にも本当に仲良しなグループなんだなあと見える、楽しそうな皆さんです。
Soraの皆さんの、のびやかで明るく暖かい歌声は、そんな「人の和」から生まれてきているのかなと思います。

 

f:id:harmoniamusica:20170305161253j:plain

その後、合奏のメンバーが集まり、合奏と合唱が入った形での練習になりました。

 

この日は、

コンサート当日はチェンバロを弾いてくださる中村哲子先生、

ビオラで賛助出演してくださる中臺佳子さん、

長岡のアンサンブル・フェニーチェからのメンバー1名のご参加もありました。

幾つかの「初めまして」がありましたが、練習を始めてしまえば、一気に「一つの音楽を作る仲間」です。

 

指揮に立った西村先生が、初めちょっと照れられた(?)ほどに、見た目もずいぶんオーケストラらしくなって来ました。

今回のコンサートで取り上げるのはヴィヴァルディーの音楽です。

25歳で女子修道院の音楽指導をはじめたヴィヴァルディー。若きヴィヴァルディー先生と女性奏者たちの出会いも、こんな感じだったのでは?とふと思う、そんな練習風景でした。

 

 

 

アンサンブル・フェニーチェ。快調です。

f:id:harmoniamusica:20170219152053j:plain

2月19日(日)時おり雪が舞う日。
長岡市で、アンサンブル・フェニーチェの練習を行いました。

14:00〜16:00、このメンバーはじめての2時間連続の練習。

がんばりました!。


今日は先ず、先日、新潟のアンサンブル・サリチェの練習で指揮者から指示された強弱など、演奏上の注意点をお伝えし、皆さんで確認しました。

また、今日の練習で新たに見つかった問題は、次の新潟の練習に持って行って新潟の皆さんとも一緒に検討します。

 
長岡、新潟と離れているため、コンサート間近まで一緒に練習できない2つのグループですが、スムーズに合流できるように注意して練習しながら、全体のレベルアップを目指して行きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

アンサンブル・サリチェ練習風景

f:id:harmoniamusica:20170205162846j:plain

コンサートに出演するもう一つのアンサンブルグループ、アンサンブル・サリチェの合奏練習が新潟市で行われました。

今日は、指揮者としてコンサートに参加してくださる西村優輝さんと、フルートの風間さくらさんが初登場。賛助出演のチェロの岩野詩帆さんも参加してくださって、練習風景も一段とにぎやかになってまいりました。

アンサンブル・サリチェは、合奏のボランティア活動などを行っている弦楽器のグループで、2015年より、月一回程度の定期的なアンサンブルの練習を開始しています。

メンバーの皆さんはそれぞれ楽器の練習を長く続けていますが、一人で弾くのと合奏はまた違った難しさが有り、合奏を始めた頃は、なかなか要領がつかめず苦労するような場面もありました。合奏の練習と訪問演奏の本番の経験を重ねて、少しずつ可能性が広がって来たかな、という所。指揮者の登場で更にどんな変化が起きるのか?、とても楽しみです。

+演奏メンバーのご紹介などは、開設予定のHPにて詳しくお知らせしていく予定です。

 

 

アンサンブル・フェニーチェ。練習しています。

f:id:harmoniamusica:20170129133145j:plain

「みんなの音楽入門」コンサートには、ボランティア活動などを行っている弦楽のアマチュアグループが2団体出演致します。

 

本日は、その一つ「アンサンブル・フェニーチェ」が長岡で練習をしました。

アンサンブル・フェニーチェは、長岡、小千谷など、中越在住のメンバーの方々で、2011年よりほぼ毎年、老人福祉施設などのボランティア演奏を行って来ました。

年代は10代から70代まで。

 

幅広い世代の方が所属しているのがこのチームの特徴ですが、一緒に音楽を作ることで交流も生まれ、声を掛け合いながら楽しく練習しています。